金駿眉 武夷山高貴頂級紅茶

祁門紅茶
ホーム 中国茶リスト 茶器リスト 当店のご紹介 中国茶講座 中国茶教室 お買物の方法 お問合せ
金駿眉紅茶
金駿眉紅茶 拡大
                 拡大
金駿眉紅茶 茶葉
              湯にもどした茶葉

これが噂の金駿眉

馴染みの福建出身の茶商から仕入れた金駿眉紅茶です。
茶葉は黒々としたもののなかに明るい金毫が混ざりシカリとしてハリがあります。 そのコントラストは美しく香りからも良茶かと思わされます。

一般に金毫、ゴールデンチップを多く含むことが高級品と思っているかたもいますが、金駿眉にかぎらず金毫ばかりですと風味にコクが少なく煎を増しますと風味が持続しません。

茶葉の香りは強く明瞭です。 甘みをおびた紅茶の香ばしい香りは胸の奥に響く麗しい香りです。温めた茶器に茶葉を入れますと麗しい香りが立ち上ります。

美しい茶葉から 90℃ くらいで茶洗はせずに淹れてみます。
水色は紅色をおびた澄んだ琥珀色で明るさがあります。
うすく淹れますと橙色がかった琥珀色になります。

口あたりは柔らかくなめらかです。 良質のオイルが口中いっぱいに浸透するようです。 サッパリとした口あたりは素直で後味は爽やかに、飲茶はすすみます。 うすくなっても香り風味とも澄んで、心地よい風味はながく楽しめます。
飲み干したあとの肚の気持ちはとても爽やかです。

金駿眉紅茶

全国メール便 送料無料 後払い!

2月7日、入荷しました。
金駿眉 50g 価格 1600円(税込み)

金駿眉 100g 価格 2880円(税込み)


金駿眉 200g 価格 5150円(税込み)


金駿眉紅茶のご紹介

金駿眉紅茶は武夷山の正山小種の一種で、現在は中国高貴頂級紅茶の代表です。 武夷山産で茶人の多くから好感を受けます。 金駿眉紅茶は2005 年に創始して、武夷山自然保護区内の正山茶業が発祥で、北京の張先生、孫先生、武夷山江元勲先生、梁駿徳先生らが共同に研究し製作成功します。

武夷山国家級自然保護区内海抜の1200〜1800メートルの高山の原生態野生樹の濃い緑色をした野生茶の黄色みをおびた芽の先を摘んで、正山小種の伝統工芸を結合し、 6〜8 万粒の鋭い芽だけで500グラムの金駿眉を製造します。

師匠が全行程手製で製作して、お茶の中でも貴重品に出会うことができるのです。 その外形は黒と黄が混ざり合い、真っ黒な中に金色が透けて見えて、細かい芽は気高く香ります。

金駿眉の紅茶の名の由来の簡単なご紹介

一、金:貴重であること等級の優れたことを表します。
市場の金駿眉がすべて金毫の多い黄金色ではありません。正統の金駿眉は黒色が多く、芽先に金色の黄色を少し付けるものがほとんどです。

二、駿馬:原料は高くて険しい桐木関自然保護区崇山峻険の中の野生茶樹から採取します。
正山茶業が新製品を研究開発する時、マーケットの上で駿馬が跳びはねるがごとく急速に広まることへの願いがこめられています。

三、眉:外形や色調、風味を形容します。
茶葉の絨毛が少なく細く引き締まり。金、黄色と黒が交互に混ざり、潤いのある光沢があります。 香気はフルーティで蜜香、高山韻の香は明らかです。 風味はこくがあって、甘甜系で爽かさな潤いがあります。高山韻の趣は長い間続きます。
;金駿眉の紅色の水色はほのかに金色をおびて濃厚で、澄みきっています。茶器の底には均整がとれた鋭く引き締まった濃い褐色の茶葉が展開します。
中国紅茶
中国では飲茶をする年齢が高く移行するにつれて、青い色をした緑茶や軽発酵茶の鉄観音などから体へのあたりの柔らかい黒い色をしたお茶、武夷茶・紅茶・プーアル茶などの黒茶へ人気が移りつつあります。

金駿眉は中国語でチンチンメイとかわいく聞こえ、女性に人気があります。中国紅茶は輸出を目的に開発、生産がされてきましたが、金駿眉は中国国内で人気があって、ギフトに重宝されます。

金駿眉のほかの中国茶

有機鉄観音
有機鉄観音
老陳プーアル陀茶老陳プーアル陀茶 苦丁茶
苦丁茶の飲み方
金毫紅茶 雲南紅茶
金毫紅茶 高級雲南紅茶
坦洋工夫紅茶 坦洋工夫紅茶 祁門紅茶祁門紅茶1

紅茶のページへ戻る
中国茶
相高茶荘
Email
TEL
Fax
店舗所在地
事業所所在地
tea@uloncha.com
072-369-7005
072-369-7006
〒599-8123 大阪府堺市東区北野田にて改装中です。
〒587-0032 大阪府堺市美原区さつき野東三丁目8-8